プロがおすすめする最強工具セット

このセット1つ持っておけば大丈夫!!


僕は自動車解体歴6年、200台以上の自動車解体をしてきました。 

自動車解体についてはこちらをご覧ください。

色んな車両をバラバラにし、何万本という数のネジ・ナット・ボルトを外してきました。


自動車解体は車をバラバラに分解するので、たくさんの工具を使用します。

例えばこんな作業

・錆びたネジ・ナット・ボルトを緩める
・事故で歪んだり、スレてネジ山が無いボルトを外す
・事故で車体が折れ曲がってしまい、手の届かない場所での作業

色々なシーンで色々な敵との遭遇、そしてなんとか倒してきました!


そんな僕がオススメする、最強工具セットがこちら


KTC SK36920X 工具セット 69点組 9.5sq. カバー付き


記事を読んでいる方で、そんな高価ではなく安くて質の良い工具が欲しいと思っている方も多いと思います。

確かに先ほどオススメしたKTCの工具セットの内容より2〜3万円安くて同じでような商品は世の中に沢山ありますし、まあまあ使えます。


ですが、買ってすぐは良いけれど、使う回数を重ねるにつれ研磨されていき、ナットへの噛みつきが悪くなるので、ネジ山などが潰れたり工具のジョイント部分がガタガタして破損する場合があるのです。結果的に、ある程度良い品質の工具を購入して長く使える方が経済的なのです。さらに、良い物を選ぶと、直ぐに壊れてしまい買いに行く手間や直ぐに使いたいのに破損していて使えないなどのトラブルも回避できます。

コレは、僕自身が取り敢えずで安物を購入して使用していた時に、実際にあったトラブル・失敗談です。


なぜKTCの工具セットがオススメなのか詳しく解説します。


   目次

  1. KTCとは?

  2. 品質の良さ

  3. 実は低価格

  4. ホームセンターで手に入る



1.KTCとは?

『KTC』は『京都機械工具株式会社』という会社で、工具の販売をしており、生産数・アイテム数ともに国内トップです。

創業は1905年(昭和25年)8月2日

資本金10億3,208万円

本店所在地〒612-8393 京都市伏見区下鳥羽渡瀬町101番地

本社(久御山工場)〒613-0034 京都府久世郡久御山町佐山新開地128番地


営業内容・自動車整備用工具、医療用工具および関連機器、その他  一般作業工具およびこれらに関連する機器の製造販売 ・ロストワックス製法等による工具および精密工作機械部品・産業用機械  部品などの製造販売 ・不動産の賃貸、太陽光発電による電気の販売

営業品目・汎用作業工具、計測機器、専用・特殊工具、省力機器、収納機器 ・作業管理用ソフトウエア、作業支援デバイス、各種支援サービス ・受託加工(精密鋳造、塑性加工、機械加工、板金加工等)


KTCの工具は、主に自動車産業向けの工具に力を入れており、自動車整備士が多く愛用しています。


KTC京都機械工具株式会社のホームページはこちら

2.品質の良さ

僕は普段、自動車の解体をしていてKTCを愛用しているのですが、やはり丈夫なので、なかなか壊れません。

皆さんは、工具なんてそう簡単に壊れる物ではないと思いますよね。

しかし!実際にこんな事例を体験しています。


  • メガネレンチは、曲がる&折れる

  • ラチェットは、ギアが壊れる

  • スピナハンドルは、折れる

  • ドライバーは、割れる

  • 六角レンチは、曲がる

  • ソケットは、研磨して潰れやすくなる

  • スパナは、使い過ぎると研磨によってナットに噛み付かなくなる&潰す etc...

      

  書き出すと、まだまだたくさん出てきます。が、このくらいにしておいて。


とにかく、毎日使用していると、こんな感じの事が頻繁に起こります。

では、KTCなら起きないのか?と言われるとそうではありません。


KTCでも、上記のようなトラブルは起きてしまいますし、やはり工具は消耗品ですのでいつかは壊れてしまいます。

ですが、KTCで壊れた事が無い工具が、某アス〇〇○○ダクツ製品だと初めの一発で壊れたと言うのも何度か経験しています。

かなり愕然としますよね。。。えっ、一発って。。。どーゆーことー!?


アス〇〇○○ダクツもKTCと同様の工具販売メーカですが、アス〇〇○○ダクツは一般の方向けで『安くて本格的な工具』が売りです。

ですが、初期費用は安く済んでも、直ぐに壊れてしまっては逆に高くつきますし、再度買いに行く手間や、ボルトを潰してしまい回せなくなっては元も子もないと、僕は思います。


以上を踏まえた上で次へ



4.実は低価格

KTCを高いと思っている方も多いと思うのですが、実際にまだまだ高い工具メーカーはたくさんあります!

例えば


【 アメリカメーカー】

  • Snap-on(スナップオン)

  • MAC TOOLS(マックツールズ)


【日本メーカー】

  • KTC 京都機械工具株式会社

  • TONE(トネ)

  • ko-ken 山下工業研究所

この他にもたくさんの工具メーカーがありますが、今回はアメリカと日本の工具メーカー5社でKTCの価格がどの位置になるか比較してみましょう!

比較の対象とする工具は、どのメーカーにもある『3/8インチ ラチェットレンチ』、Amazonでの価格比較です。


工具の価格順位



1位 MAC TOOLS(マックツールズ)

   価格:15,880円

MAC TOOLS(マックツールズ)は有名ですが、僕が住んでいる地域には販売代理店が無く、お目にかかることが出来ません…


販売代理店の車なんてみたら、興奮しちゃいそうです!


2位 Snap-on(スナップオン)

   価格:11,914円


Snap-on(スナップオン)は、言わずと知れた工具界では高級工具メーカーですね!

2020年はSnap-on創立100周年!先日、カタログを確認したところロールキャビネット(大きな工具ボックス)が3,000,000円で販売してました∑(゚Д゚)驚愕の値段ですね。

僕には到底買えません。買っても怖くて使えません。。。

購入した方は、是非弊社までご連絡ください!見学に行きます!!


Snap-on(スナップオン)公式サイトはこちら



3位 KTC京都機械工具株式会社

   価格:3,571円


KTC京都機械工具株式会社は冒頭で説明したとおり、品質では日本トップクラスです。

後ほど説明しますが、KTCは日本で一番手に入りやすい工具メーカーだと思います。

Amazonでも今回調べたメーカーの中で断トツの品揃えでした!

KTC京都機械工具株式会社公式サイトはこちら




4位 Ko-ken(コーケン) 山下工業研究所

   価格:3,263円

Ko-ken(コーケン)については、僕は正直こちらのメーカーのラチェットを使ったことがないので良くわかりません。ですが、Ko-ken(コーケン)はラチェット・ソケット類の評判が良いです。

製品で会社の味が出るところが、とても面白いですよね!

Ko-ken(コーケン) 山下工業研究所公式サイトはこちら






5位 TONE(トネ)

   価格:3,018円


TONE(トネ)は大阪市浪速区湊町2丁目1番57号難波サンケイビル12階 に本社を構える大阪の工具メーカーです。

KTCより素晴らしいと言う声もあるほどの日本を代表する工具メーカーの一つです。

TONE(トネ)もKTC同様、ホームセンターなどで手軽に購入できる工具ですが、品質・デザイン・価格全てにおいて申し分のない商品ですね!

TONE(トネ)公式サイトはこちら


今回ご紹介した日本メーカーでは、KTCが一番高い価格になってしまいましたが、海外メーカーに比べたらやはり安いですね!

海外のメーカーもそれなりに優れているのでいいのですが、やはり低価格で長持ちする使える工具が一番だと思います。


*今回の価格調べはAmazonサイトで行いました。実際の店頭販売価格とは多少相違があるかと思います。


5.ホームセンターで手に入る

KTCはホームセンターでも買える工具なので、どなたでも手軽に入手しやすいと言う点でもオススメです。


KTCを購入したい場合は、例えば次の方法で入手が可能です。

  • ホームセンター

  • 大手ECサイト

  • 近くの販売代理店

きっとお近くにもあると思いますので、是非探してみてください。


それと、

僕は、なるべく工具メーカーは揃えて使いたいため、KTCは入手しやすいところも僕が好きな理由の一つでもあります。


例えば、工具箱と工具一式を他社のメーカーで購入して、壊れた時、違うメーカーの工具を買ってみたら、工具箱の収納スペースに入らない!!何てことも多々あります。


初めはこんなに綺麗に収まっているのに、入りきらずに転がっている工具がかわいそうになります…

工具メーカーによっては特異な工具があるので、一概に全て同じ物でないとダメとは言いませんが、高い買い物をして長く使える工具を手に入れたら大事にしたいのは当然です。

ましてや工具は頻繁に使う物と、出番が少ない工具との消耗具合に差が出てくるため、交換時期が変わってきます。


また、工具箱は工具そのものとは違い、基本的には買い替えない限りは、めったに壊れることはありません。

これも、質の良い工具メーカーだからこそ言えることですが。


以上が、僕がKTCを押す理由です。

長い時間お付き合いいただきありがとうございました。


【補足】

KTCには、上位モデルのnepros(ネプロス)が存在します。

コンセプトは「強さ・使い良さ・美しさ」。

こちらは海外メーカーに引けを取らない程の価格ですが、デザインもカッコイイので見てみてください!

見るだけならタダです‼nepros(ネプロス)公式サイトはこちら

いつか使ってみたいものです!


また、KTCの、TORIKO(トリコ)ツアーはご存じでしょうか?

KTCの工場見学ができるそうです。

観光目的では立ち入れないそうなのでこちらを確認してください。


nepros museum360°(ネプロスミュージアムサンロクマル)も見学ができるそうです!

こちらを確認してください。






個人的にはめちゃめちゃ行ってみたいです!

工場を公開できると言うのも自信があってこそだと思います。


長く付き合える、一生モノの工具と出逢えるといいですね!














サービス

- 廃車買取

- 自動車解体

- リサイクル部品の販売

- 放置車両・バッテリー引き取り

アクセス

広島県福山市神辺町上竹田1670-2