車の解体作業ってこんなことしてます!

ほとんどの人が勘違いしている、車の解体

重機でグチャグチャしたり、プレスで四角にしたりするんでしょ?って思われがちだけど、全く違う!


目次

  1. 仕入れから解体までの流れ

  2. 解体業者はエコでクリーンな仕事だった!?

  3. リサイクル部品を買って節約!




1.仕入れから解体までの流れ


①車の仕入れは大きく分けて3つあります!


  1. 会社からの仕入れ

  2. 個人の方からの仕入れ

  3. オークションなどからの仕入れ


基本的にはこの3つで、解体業者によって、どの仕入れをメインにしているかは変わってきます。



それぞれのメリット、デメリット、仕入れの流れを解説



1.会社からの仕入れ

会社と言うのは、『車屋』『車の修理屋』『破砕業者』などがあります。


皆さんは、事故や故障をすると『車屋』か『修理屋』に持って行きますよね?


そして、修理費用の金額によって、直すか、それとも乗り換える(買い換える)かを検討してますよね。乗り換えを選んだ時には、以前乗っていた車を、下取りもしくは、下取りできないので廃車扱いと言う形にすることになるでしょう!


そうして、所有者が居なくなった車は、解体業者か破砕業者に引き取られるわけです。



破砕業専門の会社は、自動車から部品を取り外すことはあまりなく、オイル、ガソリン、エアバッグなどの除去処理を済ませて車をプレスで四角にしたり、シュレッダーでバラバラにします。


まれに、破砕業者でも値段がつきそうな車は、解体業者に売ったりすることもあります。


メリット
買取業者としては、たくさんの車を仕入れることができるので、解体する車に困らないこと。

デメリット
買取業者としては、車の買取金額が少し高めになってしまうこと
車を選んで全仕入れる事ができず、全て引き取らなければならないこと。(こちらがより好んでいると業者は廃車が溜まり邪魔になる。引き取らない廃車買取業者とは取引がなくなる可能性がある。)



2.個人の方からの仕入れ

個人の方と言うのは、直接解体業者に連絡をして取り引きをする車の所有者の方です。

たとえば、こんな車を手放そうと思っている所有者の方いらっしゃいますよね。

  • 車検切れの車があるから売りたい

  • 何台も車を持っていて、乗らない車があるから売りたい

  • 事故をして保険で直らないから売りたい

  • 車の調子が悪く、修理に出そうとしたらかなりの費用がかかるから売りたい

    など色々ありますよね。




メリット
個人の方は、直接取り引きができるので高く売る事ができる。
買取業者としては、直接取引できるのでそれぞれの車にあった金額で、安く買い取る事ができる。

デメリット
買取業者としては、引き取り場所がまちまちなので、引き取りに行く交通費や人件費等を考えると車種によっては利益にならない車もある。





3.オークションなどからの仕入れ

業者専門のオークションなどで買い付けて仕入れる方法。

これはまだ乗れる車を含めなど多種多様な車が出品されているため、車屋さんなどもよく使っていると思います。


メリット
買取業者としては、狙った車だけ購入できる。

デメリット
買取業者としては、仕入れ金額がかなり高くなる。

仕入れ先はこのように別れており、仕入れによって高年式の商品が多いのか、古い年式の商品が多いのかと言ったような解体業者によって味が出るのです!




②買い取った車の値付け


買い取った車の再利用できそうなパーツを、ある程度選別をしたら、パーツ一つずつに金額をつけていきます。


③解体作業

Before

解体担当者は、値付けされた車を値付けの指示のもと、使えるパーツと使えないパーツ、需要が無く売れないパーツに分けて解体していきます。



再利用可能な取り外した商品は、再度、動作チェックや状態チェックが行われ、美化をし商品になります。










④破砕業者へ引渡し


after

解体後、再利用できない部分は破砕業者へ引き渡し、世間一般のイメージである解体が行われます。

潰して四角にしたり、シュレッダーでバラバラにします。










解体業者では、このような感じで仕事が進んでいきます。


自動車の解体業は、スクラップの状態にするのでは無く、寿命を迎えた車から次の車へ命を繋ぐ仕事です!!





2.解体業者はエコでクリーンな仕事だった!

リサイクル部品を使用する事で、CO2削減効果があります。


たとえば、フロントバンパー重量約4Kgの場合、約10KgのCO2削減効果があります。

杉の木でさえ、年間14kgのCO2しか吸収できないそうです。


部品の製造過程では、たくさんのCO2が排出されます。しかし、リサイクル部品を使用すれば、その分のCO2が削減されると言うわけです。


なので、新品の部品ばかりでなく、使用できるものはリサイクルパーツを使用していきましょう!





3.リサイクル部品を買って節約!

• 次の車検まで乗りたい 次の車検で乗り換えようと思っていたのに、その前に壊れてしまった。 安価であるリサイクル部品がおすすめです!




・修理費用を安く抑えたい そもそもリサイクルパーツは新品パーツに比べて、とても安いです。 一部の古い人気車種を除き、新品パーツの金額を超えることはありません。




く分からないからとりあえず新品を買っておこうではなく、しっかり考えてその時々の用途に合わせて購入しましょう!



もとや商会では福山市・井原市・笠岡市で廃車買取をおこなっています。

(上記以外でも、場所によってはお伺いできますのでご相談ください)


           商品はヤフオクにて販売しております⬇️   



査定は簡単!『メール』『LINE』『電話』で査定ができます。お気軽にご連絡ください!

サービス

- 廃車買取

- 自動車解体

- リサイクル部品の販売

- 放置車両・バッテリー引き取り

アクセス

広島県福山市神辺町上竹田1670-2